プロフィール

木札職人

Author:木札職人
仕事柄、和のグッズに興味があり独学で現在自ら木札を製作しています。
彫りから塗りまですべてが手作業なので時間はかかりますが結構楽しくやってます。
興味のある方は覗いてみて下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

こんなに良い天気なのに、大雪?

もちろん、天気のことではありません( ´艸`)

大雪(たいせつ)は、二十四節気の1つ。
12月7日ごろ。または、この日から冬至までの期間。
太陽黄経が255度のときで、雪が激しく降り始めるころ。
十一月節。『暦便覧』では、「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説明している。
鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、
熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付くころ。
大雪の前は、小雪(しょうせつ)で11月22日ごろ。
大雪の後は、冬至(とうじ)で12月22日ごろ。
二十四節気はおおよそ、15日間隔で訪れます。

南天と言えば・・・
上手い具合に昨日柄の記事を書いた気が(笑)

■七十二候■
大雪の期間の七十二候は以下の通り。
★初候
閉塞成冬(そら さむく ふゆとなる) : 天地の気が塞がって冬となる(日本)
?鳥不鳴(かっちょう なかず) : やまどりが鳴かなくなる(中国)?は{喝-口鳥}
★次候
熊蟄穴(くま あなに こもる) : 熊が冬眠のために穴に隠れる(日本)
虎始交(とら はじめて つるむ) : 虎が交尾を始める(中国)
★末候
?魚群(さけのうお むらがる) : 鮭が群がり川を上る(日本)?は{魚厥}
茘挺出(れいてい いずる) : 大韮が芽を出し始める(中国)

七十二候(しちじゅうにこう)とは、
古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。
二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。
各七十二候の名称は、
気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。
中には、「野鶏入水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)
のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。
古代中国のものがそのまま使われている二十四節気に対し、
七十二候の名称は何度か変更されている。
日本でも、江戸時代に入って渋川春海ら暦学者によって
日本の気候風土に合うように改訂され、
「本朝七十二候」が作成された。
現在では、1874年(明治7年)の「略本暦」に
掲載された七十二候が主に使われている。
俳句の季語には、中国の七十二候によるものも一部残っている。
スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

<< 平成22年度 八王子まつり | ホーム | かまわぬ 『南天』 >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP