プロフィール

木札職人

Author:木札職人
仕事柄、和のグッズに興味があり独学で現在自ら木札を製作しています。
彫りから塗りまですべてが手作業なので時間はかかりますが結構楽しくやってます。
興味のある方は覗いてみて下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

藍染め

藍染めはで染められたもので、独特の深い色合いが特徴。
藍染めのための染料は藍を発酵させて作る。
藍玉を用いることが多い。
藍染めは名前のとおり藍色の染色を行うことができ、
色が褪せにくいという優れた特徴を持つ。
日本において江戸時代には多くの藍染めが行われた。
かつては阿波藩における生産が盛んであり、
現在でも徳島県の藍染めは全国的に有名である。

藍染めは奈良時代から続く歴史があり、
藍による染色を愛好する人もいる。
海外では”Japan Blue”
藍色を指して”Hiroshige Blue”
と呼ばれることもある。

染色には生葉染め、乾燥葉染め、すくも染めがある。

アイ(あゐ、藍)はインディカンを含む(山藍は例外)様々な植物の総称である。
世界各地で青色の染料として重用されていたが、
現在では化学合成したインディゴ染料が工業的にはよく用いられているため、
現在栽培されていない場合がほとんど。

■蓼(たで)■

タデ(蓼、英名water pepper、学名Persicaria hydropiper)は、タデ科の1年草。
単にタデと言う場合は、ヤナギタデを指す。
「蓼食う虫」の蓼もヤナギタデである。
特有の香りと辛味を持ち、
香辛料として薬味や刺身のつまなどに用いられる。
品種としては、柳タデ(本タデ)、紅タデ、青タデ、細葉タデなどがある。

★ことわざ「蓼食う虫も好きずき」
他に草があるにも係わらず辛い蓼を食べる虫も居るように、
人の好みは様々で、一般的には理解しがたい場合もあるということ。

★ことわざ「青は藍より出て藍より青し」
染料の藍は黒や茶の様な色があり、青みがあまり無い。
しかし染め出すと非常に美しい青に染まる。と言うことから、
親(師匠)よりも優れる事を言う。出藍の誉れとも。



スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

<< 『紅葉』と『黄葉』 | ホーム | 新作鯉口 『海老鯛』 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP