プロフィール

木札職人

Author:木札職人
仕事柄、和のグッズに興味があり独学で現在自ら木札を製作しています。
彫りから塗りまですべてが手作業なので時間はかかりますが結構楽しくやってます。
興味のある方は覗いてみて下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

IMG_3472.jpgIMG_3471.jpg

前に手拭メーカーの『かまわぬ』から発売されたふんどしです

ふんどしにはいろいろな種類がありますが、
ここでは越中褌のことを書いていきます。

褌(ふんどし)は、日本をはじめとする地域での伝統的な男性用の下着である。
英語では loincloth と表記されている。
祭りの中において褌は下着ではなく、晴れ着として扱われる。

「褌」の漢字は「衣」偏に「軍」と書くように、戦闘服に由来する。
昔は布が高価であったことから、
戦国時代では戦死者の身分は褌の有無で見分けを行っていた。
当時は麻が主流であったが、
江戸時代に入り木綿に代り、
武士の他に一般庶民にも普及するようになった。
一部の上流階層は縮緬などを用いていた。
第二次世界大戦までは日本人成人男性の主な下着となっていたが、
戦後、洋装化が進んだことや、
ブリーフ、トランクス等の新しい下着が出現したことで、急速に廃れた。
褌の由来は南方伝来説と大陸伝来説があるが、定説はない。
南方伝来説の根拠は、東南アジア、ポリネシアや南米地区で
六尺褌とほぼ同形状のものがあることから言われる説であり、
一方、大陸伝来説は、中国大陸に「特鼻褌」(とくびこん)と呼ばれる、
男性の局部が牛の鼻のように見える褌が日本に伝来したとの説がある。
日本の祭事に六尺褌が多いのは、
南方伝来の六尺褌が根底文化にあり、
大陸文化との折衷が始まり、
時代を経て簡略化された越中褌が生まれたとの説が一部で唱えられている。

■越中褌(えっちゅうふんどし)■
越中褌は、長さ100cm程度、幅34cm程度の布の端に紐をつけた下着。
一部では和製英語のクラシックパンツ、サムライパンツとも呼ばれている。
医療用の下着であるT字帯も越中褌の一種。
禊の時に使われる場合が多い他、
一部の裸祭りでは六尺褌に代って、こちらが使われる場合がある。

■語源■
「踏通(ふみとおし)」
「踏絆(ふもだし)、馬や犬を繋ぎ止める綱」
「絆す(ほだす)、動かないよう縄等で繋ぎ止める」
から由来するという説が一般的である。
元来日本語には「ん」という発音の言葉がなかったことから、
漢語の「褌衣」を韓国語化した
「Hun-t-os,(フントス)」からくるという説もある。
また古語においてはふんどしは「犢鼻褌(たふさぎ)」といった。
これの由来についても
「股塞ぎ(またふさぎ)」
「布下げ(たふさげ)」
「タブ(樹皮布)裂き」など諸説ある。

☆越中褌の締め方
ふんどしの締め方

スポンサーサイト

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

<< てぬぐい 柄の由来『カエル』 | ホーム | 『かまわぬ×Disneyコラボ第3弾』在庫状況 >>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP