プロフィール

木札職人

Author:木札職人
仕事柄、和のグッズに興味があり独学で現在自ら木札を製作しています。
彫りから塗りまですべてが手作業なので時間はかかりますが結構楽しくやってます。
興味のある方は覗いてみて下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
13466408_1132012046834686_1773782400510572458_n.jpg

いよいよ、八王子まつりのポスターも貼り直し
あとは梅雨明けを待つのみですヽ(´▽`)/

来年は市制100年を迎えるので大々的なイベントもあると思いますが
動く方はもう動き始めているので各町会も大変ですね!!

とりあえず、今年の八王子まつりに向けて顔晴りましょうヽ(´▽`)/
スポンサーサイト
こんにちは、中川商店です。

今日は気持ちの良い梅雨の晴れ間、五月晴ですね(^O^)

IMG_2372.jpg

五月晴(さつきばれ、ごがつばれ、五月晴れとも表記)とは、
6月(陰暦の5月)の梅雨時に見られる晴れ間のこと。
「さつきばれ」と読む場合はこの意味となる。

ただし誤用で、新暦の5月の晴れという意味にも用いられ、
そちらの意味で国語辞典に掲載されることがある。
「ごがつばれ」と読む場合は、新暦5月の晴れの日を指す。
5月半ばごろに大陸から流れてきた高気圧によって、晴天が続く。
こちらも「さつきばれ」と読まれることがある。
夏の季語にもなっている。

という具合に、日本のいろんな呼び方って
実は旧暦で表す表現だったり、イベントだったりがありますね。

お正月・ひな祭り・端午の節句など代表的な例ですが・・・

さて、梅雨の晴れ間っていったいどのくらいあるのでしょう?

★梅雨(つゆ)の晴れ間は3日に一度

過去30年間のデータをみると、
6月の雨の日は12日、曇りの日は8日。
ひと月のうち20日間は雨や曇りの梅雨空になります。
一方、晴れの日は10日しかありません。
梅雨の晴れ間が広がるのは、平均すると3日に1度の割合です。
規則正しく3日ごとに晴れるなら、お家の人はそれほど洗濯には困りません。
でも、実際の天気はもっとムラがあります。
5、6日ぐすついて、ようやく2日ほど晴れ間が出たり、
不規則に現れるため、よけいに梅雨の晴れ間は貴重といえます。
いったん晴れ間が広がれば、夏至(げし)間近の日ざしは強烈(きょうれつ)です。
久々の洗濯日和、お手伝いをする際には、紫外線対策をお忘れなくヽ(´▽`)/

※Kids goo天気より抜粋

明日からは鳥越祭ですよ~!!

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。