プロフィール

木札職人

Author:木札職人
仕事柄、和のグッズに興味があり独学で現在自ら木札を製作しています。
彫りから塗りまですべてが手作業なので時間はかかりますが結構楽しくやってます。
興味のある方は覗いてみて下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うちのお客さんで太鼓グループの『和太鼓祭座』の公演のお知らせです(^O^)/

10146231603.jpg

と き:2009年3月26日(木)
    開場 18:00~
    開演 18:30~19:50
ところ:八王子市川口やまゆり館
    川口市民センター体育館

入場無料!!

10146231624.jpg

今回はハワイの太鼓チーム『Zenshin Daiko(前進太鼓)』との
国際交流公演になります(^O^)/

お近くの方は、ぜひ足を運んで見て下さいね~(^-^)ノ


スポンサーサイト
kaeru.jpg
kaeru2.jpg


★カエル

お金がカエル、
無事カエル、
若カエルなど

昔から縁起物のシンボルとされてきました

縁起物(えんぎもの)とは、
よい事があるようにと祝い祈るための品物。

■日本の縁起物■

五穀豊穣、大漁追福、商売繁盛、家内安全、
無病息災、安寧長寿、夫婦円満、子孫繁栄、
祖先崇拝や招福祈願、厄除祈念や
「ハレ{天気ではなく天晴れ(あっぱれ)や晴れ晴れとした気持ちの「晴れ」をさす}」
に纏わる物など多岐に渡る。
また、祭礼や縁日や市などの寺社の参道や境内や
門前町・鳥居前町において参詣者に授与・販売する
歴史的、文化的背景のあるものを指す。
日本古来の物として特殊な例としては祭りなどで選ばれた福男や
なまはげなどの演者、力士など神の依り代になった人も縁起物とされる。
時節による滋養強壮の目的で長寿や薬事効果を期待して食された物として
鰻や初鰹なども縁起物といえる。
仏教、密教、ヒンドゥー教などのインド文化を起源とするものや
五節句や二十四節気など中華文明の風俗習慣を起源に持つ物も存在し、
それらが日本古来の神道と渾然一体となっているものもある。
(具体的には七福神の一柱である「大黒」はヒンドゥー教を起源とし、
日本には大乗仏教の「大黒天」と、密教の「大黒天」と、
神道の神である大国主命と仏教の大黒天が神仏習合した「大黒様」と、
三つの神仏が存在し姿も意味合いもそれぞれ違うものである。)

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

IMG_3472.jpgIMG_3471.jpg

前に手拭メーカーの『かまわぬ』から発売されたふんどしです

ふんどしにはいろいろな種類がありますが、
ここでは越中褌のことを書いていきます。

褌(ふんどし)は、日本をはじめとする地域での伝統的な男性用の下着である。
英語では loincloth と表記されている。
祭りの中において褌は下着ではなく、晴れ着として扱われる。

「褌」の漢字は「衣」偏に「軍」と書くように、戦闘服に由来する。
昔は布が高価であったことから、
戦国時代では戦死者の身分は褌の有無で見分けを行っていた。
当時は麻が主流であったが、
江戸時代に入り木綿に代り、
武士の他に一般庶民にも普及するようになった。
一部の上流階層は縮緬などを用いていた。
第二次世界大戦までは日本人成人男性の主な下着となっていたが、
戦後、洋装化が進んだことや、
ブリーフ、トランクス等の新しい下着が出現したことで、急速に廃れた。
褌の由来は南方伝来説と大陸伝来説があるが、定説はない。
南方伝来説の根拠は、東南アジア、ポリネシアや南米地区で
六尺褌とほぼ同形状のものがあることから言われる説であり、
一方、大陸伝来説は、中国大陸に「特鼻褌」(とくびこん)と呼ばれる、
男性の局部が牛の鼻のように見える褌が日本に伝来したとの説がある。
日本の祭事に六尺褌が多いのは、
南方伝来の六尺褌が根底文化にあり、
大陸文化との折衷が始まり、
時代を経て簡略化された越中褌が生まれたとの説が一部で唱えられている。

■越中褌(えっちゅうふんどし)■
越中褌は、長さ100cm程度、幅34cm程度の布の端に紐をつけた下着。
一部では和製英語のクラシックパンツ、サムライパンツとも呼ばれている。
医療用の下着であるT字帯も越中褌の一種。
禊の時に使われる場合が多い他、
一部の裸祭りでは六尺褌に代って、こちらが使われる場合がある。

■語源■
「踏通(ふみとおし)」
「踏絆(ふもだし)、馬や犬を繋ぎ止める綱」
「絆す(ほだす)、動かないよう縄等で繋ぎ止める」
から由来するという説が一般的である。
元来日本語には「ん」という発音の言葉がなかったことから、
漢語の「褌衣」を韓国語化した
「Hun-t-os,(フントス)」からくるという説もある。
また古語においてはふんどしは「犢鼻褌(たふさぎ)」といった。
これの由来についても
「股塞ぎ(またふさぎ)」
「布下げ(たふさげ)」
「タブ(樹皮布)裂き」など諸説ある。

☆越中褌の締め方
ふんどしの締め方

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

とりあえず、在庫状況です

柄は全部で10種類
☆100エーカーの森(くまのプーさん)
 在庫 ●●●●●●●○○○
☆あかり(美女と野獣)
 在庫 ●●●●●○○○○○
☆いちご(チップとディール)
 在庫 ●●○○○○○○○○
☆すみれ(ミッキーマウス)
 在庫 ●●●○○○○○○○
☆だるまつなぎ(ミッキーマウス)
 在庫 ●●●●○○○○○○
☆トナカイ(プルート)
 在庫 ●●●●●●●○○○
☆花畑(白雪姫)
 在庫 ●●●○○○○○○○
☆雪だるま(ミッキーマウス、ミニーマウス)
 在庫 ●●●●●●○○○○
☆雪の結晶(ティンカーベル)
 在庫 ●●●●●●●●●● 完売御礼
☆梅(チシャ猫)
 在庫 ●●●●●●●●●○

●・・・売約済み
○・・・在庫あり

いちごとすみれは多めに入荷しておいたので
まだ在庫はありますが他は少なくなっているものもあります。

在庫状況はブログの更新時間にもより刻々と変わりますので、
現在、『○在庫あり』でもなくなっている場合もありますのでご了承下さい。

それでは宜しくお願いします

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

nasu1.jpg

★茄子

一富士二鷹三茄子・・・のフレーズで有名な茄子
『成す』『為す』にかけて
『何事も成就させる、成し遂げる』として
昔から喜ばれた縁起の良い柄です。

nasu2.jpg

ちなみに、これに続く言葉があるのをご存知ですか?

『四扇(しおうぎ、よんせん)・五煙草(ごたばこ)・六座頭(ろくざとう)』

と続けることがあるそうです(^O^)

ある説では、
一富士二鷹三茄子と、
四扇五煙草六座頭はそれぞれ対応しており、

富士と扇は末広がりで子孫や商売などの繁栄を、
鷹と煙草の煙は上昇するので運気上昇を、
茄子と座頭は毛がないので「怪我ない」と洒落て家内安全を願うという。

昔からの言い伝えって面白いものがたくさんありますよね。

この日本に生まれてきたからには、

そういう昔からの言い伝えなども
ちゃんと受け継いで行きたいですよね。

柄の由来も調べていくと面白いですよ(^O^)/

テーマ : 写真日記 - ジャンル : 日記

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。