プロフィール

木札職人

Author:木札職人
仕事柄、和のグッズに興味があり独学で現在自ら木札を製作しています。
彫りから塗りまですべてが手作業なので時間はかかりますが結構楽しくやってます。
興味のある方は覗いてみて下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

深川八幡祭り3

富岡八幡宮の例祭は8月15日を中心に行われます。
俗に「深川八幡祭り」とも呼ばれ、赤坂の日枝神社の山王祭、神田明神の神田祭とともに「江戸三大祭」の一つに数えられています。3年に1度、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれ、大小あわせて120数基の町神輿が担がれ、その内大神輿ばかり54基が勢揃いして連合渡御する様は「深川八幡祭り」ならではのものです。

今年は8月13日で、本祭りです(^O^)

また、富岡八幡宮には元禄時代に豪商として名を馳せた紀伊国屋文左衛門が奉納したとされる総金張りの宮神輿が3基ありました。しかし関東大震災で惜しくも焼失、それから68年の時を経て平成3年に日本―の黄金大神輿が奉納され宮神輿が復活しました。

 しかしながら、その大きさゆえに毎年担ぐことがかなわない為、新たに宮神輿を製作し、二の宮として平成9年の例大祭で華麗に渡御しました。

深川八幡祭り

深川のお祭りは「ワッショイ、ワッシヨイ」の伝統的な掛け声と「水掛け祭」の別名通り、沿道の観衆から担ぎ手に清めの水が浴びせられ、担ぎ手と観衆が一体となって盛り上がるのが特徴で、江戸の粋を今に伝えるお祭りとして、多くの人々によって大切に受け継がれています。

※記事は深川八幡祭りより抜粋
http://www.tomiokahachimangu.or.jp/htmls/maturih1.html
スポンサーサイト
来ましたぁ~ヽ(´▽`)/

29年八王子まつりのポスター!!

29年八王子まつり

これでいよいよ八王子まつりが近づいてきた実感が湧いてきました( ´艸`)ムププ

今年は市制百周年記念の2色を使った八王子豆絞りも販売しています!
2色のためいつもの3倍以上が最低ロットのため売れ残りが心配になりましたが、売れ行きも順調でお祭りまでになくならないように気をつけます(笑)
29年 八王子豆絞り

この色使いが好評ですヽ(´▽`)/
2色で作るのはしばらくしないと思いますので、欲しい方はなくならないうちに手に入れてくださいね!!

今週末はここでもお祭りがありますよ!!

石楯尾神社

■石楯尾神社(いわたておのじんじゃ)■
名倉の権現様 (なぐらのごんげんさま)

★旧格式 
式内社(小社)・郷社
★総本社 
論社(本社可能性のある神社):
石楯尾神社(神奈川県相模原市緑区)
石楯尾神社(神奈川県相模原市緑区佐野川)
★ご祭神 
石楯尾大神(いしだておのおおかみ)
事代主神(ことしろぬし)※[通称]恵比寿神
日本武尊/倭健命(やまとたける)
護良親王(もりながしんのう)
木花開耶姫命(このはなのさくやびめ)
※[別称]木花咲耶姫命
保食命(うけもち)
※[同一説]宇迦之御魂神/倉稲魂命(うかのみたま)
※[神仏習合]馬頭観音(ばとうかんのん)
天村雲命(あめのむらくも)
※[別称]天五田根命(あめのいたね)
中筒之男命/中筒男命(なかつつのお)
天児屋根命(あめのこやね)
火結廼神/火産霊神(ほむすび)
※[別記]火之迦具土神(かぐつち)
埴山姫命/埴山比売神(はにやまひめ)
美都波能女命(みずはのめ)
※ [別記]禰津波能売神/罔象女命/水波能売命/弥都波能売神
菊理姫命(くくりひめ)
※[別称]白山比咩神
★ご祭神について 
石楯尾大神:地元神、エボシ岩に降臨した神
事代主神:海の神、商業の神、釣りの神
日本武尊:難局打開、武運/武徳長久の神
護良親王:後醍醐天皇の皇子、鎌倉倒幕を実現し、建武中興(武家から天皇中心の社会への復帰)を実現したものの、足利尊氏、後醍醐天皇と反目し、名和長年、結城親光ら捉えられ、幽閉される。その後、中先代の乱の混乱に乗じて、淵辺義博(ふちべのよしひろ)によって殺される。
木花開耶姫命:水の神/安産・子育ての神/美の神、花の女神※富士山を抑える役目を果たしていたとされる
保食命:日本書紀にのみ登場、食物起源説の神(古事記では大宜都比売で語られる)、生産の神/五穀豊穣の神、牛や馬の神
天五田根命:饒速日命の孫神、天香山命の御子神、水の神、葦原中国の水質を改善した神
中筒之男命:住吉三神のひとつ、伊奘諾尊の禊ぎの時に水中で生まれた神
天児屋根命:祝詞の神、出世の神
※中臣連の祖(中臣鎌足を祖とする藤原氏の氏神)
火之迦具土神:火の神、火防の神
埴山比売神:土の神、粘土を司る神
罔象女命:水の神/井戸の神
※祈雨、止雨の神得があるとされる。
菊理姫命:平和/家内安全の神、口利き/仲裁→縁結びの神、シャーマンの女神
★ご利益
地域守護、豊漁祈願、航海安全、火防守護、武運長久、難局打開、安産祈願、子育大願、容姿端麗、商売繁盛、五穀豊穣、出世開運、水難守護、天候祈願、家内安全、良縁祈願、商談成功 他
[対応業種]漁業/陶器
★参拝形式
二拝二拍一拝
★例大祭(夏祭り)
8月26日
★由緒
当社の具体的創建時期などは不詳となるが、もともと、エボシ岩が信仰の大将とされ、明治時代までは当社東方近郊に鎮座していたという。当社の社名は、そんなエボシ岩からみて尾っぽに位置することから称されたと言われている。また、応神天皇の御幸所で御造営があったとも伝えられ、天安元年(857年)、従五位下の神とし官社に預った事が文徳実録にある国史所載社となる。
★所在地
〒252-0817 神奈川県相模原市緑区名倉4524

※Dateは神社人より抜粋しました(^O^)
大和田八幡神社


■大和田八幡神社■
正徳4年(1714)当地の領主、菅原定栄が社殿を再建。

★旧格式 
村社
★総本社 
宇佐八幡宮(大分県宇佐市)
★ご祭神 
品陀和氣命/誉田別命(ほんだわけのみこと)
※[別名]応神天皇(おうじんてんのう)
★ご祭神について 
品陀和氣命:第15代天皇、皇祖神や武神(弓矢神)
※[八幡神]農耕神、海の神
★ご利益
出世開運、武勇長久 他
★参拝形式
二拝二拍一拝
★所在地
〒192-0045 東京都八王子市大和田町5-28-7

※Dateは神社人より抜粋しました(^O^)
今週末は子安神社祗園祭です!!

子安神社祗園祭
http://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=control&process=upload&insert=body#

★子安神社  
八王子市最古の歴史を持ち古来、八王子は素より多摩川の西側の総鎮守として崇敬を集めた神社。
天平宝字3年(759)淳仁天皇皇后の安産のために創建されたと伝えられ安産の神として崇敬されている。
また、武将の尊崇も篤く八幡太郎義家奥州下降の時に戦勝を祈念して欅18本を奉納、これを船形に植樹したので以降この森を船森と称した。
徳川三代将軍家光以降代々の将軍家より、朱印を受けた事により、三つ葉葵を当社の紋にして使用している。
秋分の日に泣き相撲が行われることでも有名。

2014年 子安神社例大祭

子安神社の宮神輿渡御はコースが2つあり、毎年交互に変わるので陸橋を渡るのは2年に1度。
この画像は2014年のものなので、今年はまた陸橋を渡ってくるのでしょう!!

店の前からまた撮影にチャレンジしてみますヽ(´▽`)/

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE